WE SUPPORT YOU WITH DESIGN

6次産業化事業者のみなさんを
デザインの力で応援します!!

6次産業化やオリジナル商品の販売を行うには、商品の魅力を伝えるために商品そのものの良さに加え、商品や企業イメージの管理も必要になります。ネーミング・パッケージ・ちらし・Webショップなどの販促ツールがそれぞれ一貫性をもったイメージでより商品の良さがお客様に伝わるように総合的な視点でサポートいたします。

6次産業事業者・オリジナルの商品を製造、販売される方へ

ブランドイメージを事業主ご本人で管理できれば良いのですが、それぞれの専門業者へその都度、事業内容、イメージを説明し、理解を要し、総合的に築いていくことは時間も労力も要します。販促ツールごとに商品の印象と違うイメージのものが出来るリスクもあります。弊社では、事業主の意図を理解し、事業のブランド方針に基いて商品の価値を築くよう、イメージや情報の管理を行います。

HOW IT WORKS

こんなことでお困りじゃないですか?

一貫した商品イメージを出したいが、できあがったものがみんな違う印象のものになってしまった...

事業主のポリシーに基いて弊社がデザインコントロールし、各ツール製造業者へ制作依頼をします。 一貫したビジュアルイメージから商品イメージの確立が実現します。

商品名をつけたいが、どんな名前にしたらよいか悩んでいる...

どんな人にその商品やサービスで喜こばせたいか、商品コンセプトをふまえ、ターゲットとなるお客様に響くネーミングをご提案いたします。

ロゴマークが必要だが、自分では作れない...

事業主、ご担当者様に事業や製品、サービスについてヒヤリングさせていただき、事業の方向性やサービスの内容からロゴマークのイメージをご提案いたします。弊社の提案からスタートして絞り込んで行く場合とご要望のイメージをカタチにする場合と臨機応変に行います。

シンボルカラーを決めたいがどんな色にすれば良いのか...

事業方針から、色の持つ機能性と心理的作用から選出していきます。確定したシンボルカラーの利用は、都度媒体により調整が必要です。極端に違う色の印象にならないように色彩管理を行います。

看板や店づくりも統一感を出したい...

まずは事業や商品イメージ優先でご提案します。その後、店舗にかけられる予算に応じてコストと折り合いの良い素材、工程を考慮してつくりあげていくお手伝いをします。

包装をしたいけど、どうしたらいいかわからない...

事業コンセプトに基づいて素材と色、カタチなどをご提案をいたします。コスト面、包装後の再利用や資源分別のしやすさも考慮いたします。

売り場…どんな雰囲気の空間にしたら良い?
什器や演出小道具など使って良い素材はどんなもの? 売り場の展示やPOPはどうしたら見やすく目にとまる?
どんな音楽を流したら良い?
販売スタッフとわかりやすくするには?

売り場は、商品コンセプトの提案の場であり、お客様に届けたいサービスを追求する場でもあります。什器や演出小道具、照明などのレイアウトすべてにおいてコンセプトに基づいた見せ方、導線づくりが大事です。スタッフの接客や制服、身だしなみもお店の大事な要素です。お客様目線、事業主目線、両方の視点をもって店作りのお手伝いをいたします。

youtube
6次産業化とは
1次(生産)×2次(加工)×3次(流通・販売)=6次
農林漁業者が生産だけでなく、加工、流通・販売にも主体的に総合的に関わることにより、農林水産業の新たな付加価値を創出すること。